サービス紹介03

VGによるAEP向上と疲労荷重及び騒音低下

03

VGによるAEP向上と
疲労荷重及び騒音低下

ボルテックスジェネレーター設置により、出力向上(実績値3%以上)と振動・疲労の低減を図ります。

VGは、適正な場所に渦を発生させることにより、
①ブレード下部の風の流れの剥離の削減。
②ブレード上部の表面の荒れ、表面欠陥による、流れの乱れの削減。
を行うことにより
1、2-4%のAEP(年間発電量)の増加。
2、騒音・振動の低下による疲労寿命の向上
を実現いたします。

VGを適正に設置することにより、期待される効果と、ブレード設計寿命中に剥離を起こさない長寿命化が可能となります。BPは、日本の環境にあった施工方法を確立いたしました。

  • ボルテックスジェネレーターボルテックスジェネレーター
  • 性能向上グラフ 25ヶ月で3.9% AEP向上性能向上グラフ 25ヶ月で3.9% AEP向上

VG製品ラインアップ

今後設計予定:GE1.5s用全ブレード、LM37.3、J82
適用機種は、さらに追加の予定です。

新ブレード用VGの設計には、ブレードの形状または3Dデーター、翼形が必要で、期間は1-3か月となります。
設計完了後の標準納期は2-3か月。

VG導入のステップ

  1. 導入ご希望のサイトの風車機種、配置図、風車の緯度経度等必要データーをご連絡ください。

  2. 該当ブレードのVGが設計済み場合
    ①別サイトでのデーターから予想増加AEPを想定し、テストなしに設置。
    ②テスト機を選び数基に設置。6か月以上の結果を見て設置の判断が選択肢となります。

  3. テスト機設置VGの効果の確認は、設置前と全風車のデーターと設置後の設置済み風車と未設置風車の発電量の比較(Side By Side) により行い、レポートを提出いたします。

  4. 新規設計のVGの場合は、別途協議をさせていただきます。

▶ 詳しくはこちらAtsumi AEP improvement analysis 18-04-2018(PDF)

▶ 詳しくはこちらVG MHI1000A sample(PDF)

▶ 詳しくはこちらVG(PDF)

詳しくはこちら ▶Power Cuveへ

お見積り・お問い合わせはこちらへ
03-3519-3915
お問い合わせ

Copyright © 株式会社ブレードパートナーズ All Rights Reserved.

ページトップへ